借金のイメージってどんなもの?

日々進化する願望実現への道 > ピックアップ > 借金のイメージってどんなもの?

借金のイメージってどんなもの?

2014年9月 6日(土曜日) テーマ:ピックアップ

 

週刊誌の折込広告、繁華街に張り付けられたチラシやDMで「債務の整理整頓いたします」「多重債務を一本化しませんか」というような広告を閲覧することがよくあります。

 

これらは、「片付け屋」「買取人」「つなぎ屋」と呼ばれる悪徳会社の嘘広告の場合があるのです。

 

そういったものを依頼した場合では自己破産手続きの中で免責決定を受けられない危険性があります。

 

「整理屋」とは宣伝などで借金のある人を集め、すさまじい依頼料を出させて整理をするのですが、結局は負債整理は行われないまま、負債人はさらなる負債地獄にはまるときがほぼすべてになります。

 

「買取人」の場合、債務者のカードで家電、旅行のチケットなどを注文させて当人から購入した品目を販売額の2割もしくは額面半値で買い直すというやり口をとっています。

 

負債人は一時的には金が手に入れられますがいつかカード業者経由の購入品の完全な支払いが届き、実際は債務を悪化させる結果となります。

 

このときはクレジットカード会社に対する詐欺行為とされてしまい免責許諾を受けられません。

 

「つなぎ業者」というのは大口の貸金から拒絶されるようになった負債人に関して、業者としては金貸しは一切せずに、貸出を受けられる違う企業を教え、法外な紹介料を請求する業者です。

 

紹介屋は直接の紹介で資金提供可能となったように解説しますが現実には特に何もせず、単に調査のゆるい店を伝えているだけというやり口です。

 

この場合だと実際のところ借金を増加させる結末となります。



関連記事

寝なくても生きている人間がいる!?

寝なくても生きている人間がいる!?

2015年1月26日(月曜日)

借金のイメージってどんなもの?

借金のイメージってどんなもの?

2014年9月 6日(土曜日)

テスト

テスト

2014年9月 3日(水曜日)